ジョージねっと

6年後に実家の南房総へ帰るため『田舎で仕事を作る道』を開拓中。あなたのためにブログやアフィリエイトで学んだノウハウと失敗談をお届けします!

運転免許の仮免を3度落ちた僕が車関係の会社で働いている理由

スポンサーリンク


f:id:George-net:20160118140209j:plain

社畜リーマンは何故この職業を選んだのか?

今週のお題「今の仕事を選んだ理由」に乗っかって書いてみた。

車の免許取得をサボった奴が車関係の会社に就職

ぼくは、車の免許取得をサボりにサボっていました。

サボった理由は、大学の夏休みだったからでしょうか。

気持ちが「車の免許」を取ることより「遊びたい」って叫んでるんですよ!

 

あとは、車に興味がなかったから。

都会に住んでりゃ車なんていらなっしょ?

電車で十分。車とかナンセンス。

 

そんな風に調子に乗った結果、仮免のテストは3回落ちて、夜間教習には絶対に行かず、本試験も1回落ちています。

 

こんな奴が、今では車関係の職場で働く社畜リーマン。

なんで車関係の会社に就職したのか、不思議に思われるでしょう。

今の仕事を選んだ理由

今の仕事を選んだ理由は、「就活を諦めた」からだ。

 

ぼくは就活というものが、ダルくてダルくて仕方がなかった。

SPIテストを受けて、面接して、面接して、面接して・・・

やっとたどり着いた会社で、死ぬまでうん十年間ストレスを抱えて働く。

そんな生活を予想すると、嫌になり胃液が逆流してきそうになる。

 

そのくせ、お金が欲しいから「給料の良い企業」を受けては撃沈。

そりゃそうだ。給料だけ見て、企業を受けに行ってるんだもの。

なぜ、この会社を応募したかなんて言えやしない。

 

内定も決まらないまま大学4年の夏。

いい加減、内定を貰わなきゃニートの仲間入り。

働きたくないくせに、周りと比べられる劣等感を避けるべく焦る焦る。

そんな焦りを抱えながら、学内の企業説明会に参加した。

 

もう就活を半ば諦めかけていた時、たまたま車の絵が目に入った。

興味のない車だが、「やってみたら興味がでてくるかもしれないと」思い応募。

最初は営業職で筆記を受けていたが、技術職の人手が足りないようなので面談は技術職で受けた。

 

結果は見事に内定。

 

運転免許の仮免に3度落ちて、車をディスっていた奴が車関係の仕事に内定だと・・・。

何はともあれ、ニートになる心配もなくなったわけだ。

働いている理由なんて興味があるからで良い

働いている理由なんて、興味があったからで良い。

結局、自分は何が向いているかなんて分かりゃしない。

会社を決める理由なんて、金でも環境でも何でも良い。

 

たまたま興味があった事に手を出してみれば、自ずと進む道が見えてくる。

働く理由よりも、興味があることが大切だ。

広告を非表示にする