ジョージねっと

6年後に実家の南房総へ帰るため『田舎で仕事を作る道』を開拓中。あなたのためにブログやアフィリエイトで学んだノウハウと失敗談をお届けします!

自分探しの旅で「本当の自分」「やりたい仕事」は見つかるのか?

スポンサーリンク


f:id:George-net:20160126123537j:plain

いつかは旅に出て本当の自分を見つけに行くんだ!

探せ!本当の自分を!

 

中学生の時は、そんな事を考えてたな…。

まさに中二病。


あぁ、なんで自分探しの旅(笑)に行こうとしたんだか。

 

今思えばゲームやアニメの影響だと思うんですよね~。

 

ドラクエ、FF、ポケモン、デジモン。

 

TVやゲームの画面を通して、旅を進める主人公に憧れたんだ~。

1人から旅を始めて、仲間を集めて一緒に旅を進める。

最後は世界を救ったり、ポケモンマスターになったりする。

 

最高にカッコいいよな!浪漫を感じるぜ!

俺も旅してぇwww
マジテンション上がりまくりっ!

 

そんな痛い中学生時代を過ごしていましたね。

それで、中学生で自分探しの旅(笑)をしたかと言うとしてません。

 

「自分探しの旅」は大学生の時にしました(笑)

それも、自転車で!

これぞ大ニ病の時代…。

自分探しの旅で本当の自分は見つからない

プロフィールにも書きましたが、大学生の時に神奈川~徳島まで自転車で旅をしています。

大学生の夏休みという2ヶ月近くあるニート期間。

計画は大雑把にたて、思いきって自転車一つで旅をしたんですよ。

 

この旅をきっかけに、何も活動できなかった冴えない大学生活。

いっちょ変えてやるか!

この旅で本当の自分も見つかるんじゃね?

(ついでに、やりたい仕事も)

 

なんて思ってましたが、徳島まで自転車で旅をしても「自分」は見つかりませんでした。

「自分」は見つかりませんでしたが、「経験値」は得ることができました。

 

自転車の旅は1日1日が大冒険です。

その日に進む道、泊まる場所、観光、食事。

大雑把に立てた計画のせいで、色々な事をその場で考えなくてはいけません。

そんな日々を過ごしていると、ふと感じることがあったんです。

 

「あ、自分を探すって常に考えて挑戦することなんだ。」

 

そう、「本当の自分」ってやつは旅では見つかりません。

自分で考え、挑戦していく過程で見えてくるんです。

墓に入るまで自分探しの旅は続く

本当の自分というものは、挑戦し続ける事で見えてくる。

「変化」せずに、窮屈な「今」を文句言いながら生きていては駄目だ。

 

あぁ、同じ境遇なのに何でぼくはこんな人生なんだろうか。

本当の自分はこんなんじゃない!

 

そう、僻むこともあります。

でも、それって何にも挑戦せずに変化するのを呑気に待ってるだけなんですよね。

 

誰かに自分の人生を変えてもらおうと待ってても駄目だ。

 

墓まで呑気に過ごして、墓石に苔を生やさせる墓生を歩むか。

墓参りに来てくれる「人」ができる人生を歩むか。

 

墓に入る前に、良い思い出を振り返れるように、死ぬまで自分探しという挑戦は続く。

日々、一歩でも前進!

 

でわ!

広告を非表示にする